ペット可賃貸で癒し生活

少女と犬
最近ではペットブームの波に乗り、以前から要望の多かったペット可賃貸が増えています。
今まで飼いたくても我慢していたペット愛好家には朗報ですね!
ここでは、ペット可賃貸を借りる際に気をつけるポイントや、生活の注意などをお伝えします。
せっかくのペット可賃貸でも規約を守れなければ退去や、ペットと暮らすことを諦めなければならなくなります。ぜひ、参考にしてくださいね。

 

★ペット可賃貸を契約する

普通の賃貸を契約する際にもたくさんの書類が必要ですが、ペット可賃貸ではペット用の書類も必要となります。
不動産屋さんや大家さんによって違いはありますが、主に、狂犬病やワクチンの摂取した証明、ペットを飼うにあたっての約束事が書かれた念書などです。
厳しいところでは、指定の動物病院での健康診断書や自治体での登録書が必要な場合もあります。
また、契約の際の敷金礼金が少し上乗せされている、といった場合も多くみられます。
ペットが住んでいると床や柱などの破損率が高く、原状回復費が高額になるためといわれています。

 

★ペット可で暮らす決まり事

ペット可物件を借りる際には、ペットについての約束事も守る必要があり、守れない場合には退去もありえます。
主に、清潔を保つ、無駄吠えをさせない、ベランダに出さない、近隣に毛が飛ばないよう配慮するという一般的な項目です。
また、共用部分では抱っこかゲージに入れる、フンの始末は各自が行うなど、部屋以外でも気を使わなければなりません。
ペット可物件にも、ペットを飼わない方、あまり好きではない方も入居されています。
自分たちにとってかけがえのない家族でも、誰にでも可愛い存在ではないということを念頭において行動しましょう。

 

★特長あるペット可物件

ペット可物件の中にはドッグランやカフェを併設してる物件や、提携先の獣医でしつけ教室に参加できるサービスが付いているものもあります。
また、ペットのニオイを軽減するミストを毎月無料で届けたり、ペットの誕生日にはおもちゃが貰えたりなど物件によってさまざまです。

ペット可物件は増えては来ていますが、まだ探しやすいとは言えません。
大阪の賃貸でペット可物件を探すには、物件が豊富で「ペット可」検索機能ができるここが便利です。

 

★決まりが多いが癒やしの生活

ペットを飼うために幾つかの守るべき項目はありますが常識的な項目も多く、しっかり順守してペットとの癒やしの空間を守りましょう。
ペット可物件は、小型犬はOKだが猫や大型犬はNGな場合も多いので、まずは不動産屋さんに確認してみることをおすすめします。

外廊下アパートと中廊下アパートの住みやすさ

集合住宅
 

アパートの間取りはさまざまありますが、共有部分である廊下やエントランスなどもそれぞれ違います。
廊下には外廊下と中廊下がありますが、どちらが住みやすいのでしょうか?
部屋以外の部分もアパート選びの重要なポイントですね。
ここでは、外廊下アパートと中廊下アパートの住みやすさについてメリットやデメリットをお伝えしてまいります。

 

★外廊下アパートのメリット・デメリット

外廊下のメリットは管理費や修繕費などのコストが安いため、毎月の管理費がお得になっている点が挙げられます。
ほかには、災害時に屋外に逃げやすい、火災の場合は煙がこもらないという点もメリットといえますね。
また、通気がよくニオイがこもりにくいのもポイントが高いです。
反対にデメリットは、雨風をしのげないなど天候の影響を大きく受けることや、誰もが侵入しやすいという防犯の面も挙げられます。

 

★内廊下アパートのメリット・デメリット

内廊下のメリットもデメリットも外廊下とはちょうど反対と考えると分かりやすいですね。
高級感があり、天候の影響を受けにくいですが、管理費は高くなる傾向にあります。
災害の際は煙やガラスの破片に注意が必要で、避難路を日頃から確認しておく必要があります。
防犯の面では外からの侵入者は少ないものの、一度入り込まれると人目につきにくいデメリットがあり、内廊下の場合も注意が必要です。

★中廊下アパートがブーム?

タワーマンションや分譲マンションでは、内廊下の物件が増えています。
それに伴い賃貸物件も増えている傾向にあります。
その場合は、敷金・礼金は少し高めになることが予想されます。
私鉄沿線やJR沿線・地下鉄沿線などの駅近物件も増えており、高級感を謳った内廊下アパートも少なくありません。
エントランスに入れば空調が効いていて絨毯張りのゴージャズな廊下を通って帰宅するなんて、ステキですね。

 

★内廊下アパートと外廊下アパート

どちらにもメリット・デメリットがあり、しっかり吟味してから住むかどうかを決断する必要があります。
また、内外にかかわらず、廊下の掃除などのメンテナンスが行き届いているかもしっかりチェックして思い描いた通りの生活ができる物件かどうかを見分けることが大切です。

実家と賃貸生活のメリット・デメリット

部屋でタブレットを見る女性
 

一人暮らしを考え始める際に、実家にいたほうがいいのではと躊躇する方もいるでしょう。
慣れ親しんだ環境を離れるのは勇気のいる決断かもしれませんね。
とはいえ、一人暮らしのメリットも見逃せません。
そこで、ここでは実家と賃貸での生活についてそれぞれのメリット・デメリットについてみていきたいと思います。

 

★通勤や間取り

通勤については適切な距離を自分で選ぶことのできる賃貸のほうが優れていますね。
また、実家といえば分譲住宅や一戸建てが多い傾向がありますが、間取りにもよりますが完全なプライベート空間は賃貸の方が圧倒的に多くなります。
一人暮らしの醍醐味はワンルームであっても自分の裁量でインテリアや暮らしぶりをコントロールすることができる点といえるでしょう。

 

★家賃や敷金・礼金

実家に住み続けるなら、固定資産税や修繕費を負担しないかぎり大きな費用が発生することは稀です。
しかし、賃貸生活を始めるにあたっては敷金・礼金などの初期費用や毎月の家賃・管理費が発生します。
実家であっても食費や家賃を納めている方も多いですが、一人暮らしの費用の方が高額になる傾向があります。
入社したてて給料があまりない時代には厳しいかもしれませんね。

 

★誰かがいるという安心感

実家であれば両親や兄弟などと一緒に住んでいることが多く、防犯面でのメリットともなりますね。
また、風邪など体調不良になった場合でも、誰かがいれば安心です。
さらに、仕事などで精神的疲労が溜まった時もちょっと話を聞いてもらうこともできるでしょう。
家事分担をするなどして、規律ある生活を守りやすいといったメリットもあります。

 

★一度は一人暮らしを

賃貸暮らしを始めると自分のことは自分でしなければなりません。
疲れて帰ってからの洗濯や食事の用意はなれるまで大変かもしれません。しかし、帰宅時間をとやかく言われることも、友人や恋人を招くのも自由です。
一度は一人暮らしを経験しておくことで社会人として「甘えている」や「親に依存している」といったイメージがつくことも防ぐことができます。
さまざまな事情から実家暮らしをしている方もいらっしゃいますが、機会があれば一人暮らしに挑戦することをおすすめします。

住む場所で変わるゴミ出し方法

young asian woman lifestyle image
 

以前に比べゴミ出しの分別が厳しくなっています。
燃えるゴミの日や、プラスチック製品のみの日、粗大ごみなどさまざまですが、実は自治体によって基準が違います。
住む場所が違えばルールが変わるゴミ出し、どんな例があるのでしょうか?
具体例を交えながら詳しくみていきましょう。

 

★荻窪駅周辺

東京で住みたい街として人気の高い荻窪駅周辺は、杉並区の管轄にです。
杉並区のゴミ分別は、可燃ごみ(週2)、不燃ごみ(月1)、プラスチック包装容器(週1)、ビン・カン・古紙・ペットボトルに分けられます。
一度に出せるのは45Lのゴミ袋3袋までという規定があるので、引っ越しや大掃除の際には注意が必要です。
杉並区では、分別に力を入れており五十音分別表を作成するなどわかりやすくする工夫もみられます。

 

★武蔵小杉駅周辺

神奈川で住みたい街として人気なのは武蔵小杉駅周辺です。
横浜にも都心にもアクセスが良く通勤に便利で、環境も整っている理想的な地域といえます。
そんな武蔵小杉駅周辺は川崎市の管轄です。
ゴミの分別は普通ごみ(週2)、資源物(週1)、小物金属(月2)となっています。
燃えるゴミは普通ごみ、燃えないごみやビン・カンなどが資源物とされています。
川崎市の焼却炉は高性能なこともあり最近まで燃える燃えないなどの分別はなく、リサイクル率を上げ資源を守るため分別を導入することが決まった地域です。
金属小物とは、電池などではなく、鍋や傘といった金属製の不用品を指します。

 

★粗大ごみは

粗大ごみについてはどの自治体も申し込みなどの手続きが必要になります。
持ち込みも収集日に持って行く場合でも有料で、コンビニや郵便局でチケットを購入してゴミに貼るというスタイルが一般的です。
賃貸の引っ越しで退去する場合には、収集日をよくチェックして引っ越しに間に合うよう計画する必要があります。

 

★所在地によって変わるゴミ出し

自治体だけでなく、町内によってゴミ出しのルールがある場合もあります。
アパートの独自のゴミ捨て場がなく、地域のゴミステーションを利用する場合は特に細かい規定がある場合も多いので注意が必要です。
地域によってゴミ出し方法に違いがあるため、引越し先では早めにルールをチェックし、順守することが望まれます。