学生街は通勤にも住みやすい

Inokashira Park
学生街には良心的な食堂や、生活に必要な施設が集まっているイメージがありますね。
また、交通の便が良いところも多く、卒業後も好んで学生街に住み続ける方もいらっしゃいます。
ここでは具体的な例を挙げて通勤にも住みやすい学生街についてご紹介してまいります。
お引越しを検討している方も、ご家族が一人暮らしを検討している方もぜひご覧ください!

 

★明治大学周辺

明治大学周辺には京王線や京王井の頭線が交差しており渋谷や新宿といった都心や、下北沢、吉祥寺など人気のエリアにもアクセス良好です。
駅周辺には良心的な飲食店やコンビニ、スーパーやリサイクルショップにドラッグストアと暮らしに必要な施設がコンパクトなエリアに収まっています。
また、キッド・アイラック・ホールもあり、演劇や落語など休日に芸術を堪能することも容易です。
しかし、一歩住宅街に入れば静かな住環境が整っており、住むにも遊ぶにも最適で、都心へ通勤するにも便利と通勤するビジネスマンにも最適な地といえます。

 

★駒場東大前駅

渋谷まで2駅、徒歩で行ける立地で災害にあって帰宅難民になってもなんとか帰れる距離といえます。
また、駅の近くには駒場野公園があり、都心でありながら緑豊かな場所なのもポイント高いですね。
学生街にありがちな安い・早いといった食堂のほかにおしゃれなカフェも多く立ち並んでいて、デートにもおすすめのスポットになりつつあります。

 

★御茶ノ水駅近辺

日本大学、東京電機大学、中央大学など多数の大学が集まる東京で一番の学生街といえる地域です。
カフェなどのオシャレスポットや飲食店が多く、JRだけでなく丸ノ内線や千代田線も利用しやすい立地で都心へのアクセスも良好です。
もちろんスーパーや公園もあり、学生だけでなく通勤する方にとっても住みやすい街として人気です。

 

★学生街の特徴

私鉄沿線、JR沿線、地下鉄沿線などアクセスが良く、通学に便利で周辺に暮らしている学生が多いため、生活に必要なものがコンパクトに集まっている傾向にあります。
もちろん、通学だけでなく通勤にも便利で人気のエリアとなっていることも多いです。
人気のエリアなので、駅近の賃貸は家賃が高めの傾向にありますが、少し離れるとお得な物件もあるのでじっくり探すことをおすすめします。

 

★マンスリーマンションで学生街生活を満喫

マンスリーマンションはどこにもあるので、希望エリアで学生街生活を送れます。
気軽に住替えられるので、色々な学生街を楽しめます。
希望する学生街のマンスリーマンション選びは物件が多くキャンペーン情報も豊富なここがオススメです。

自由に生活できる職場とアパートの距離

若い社会人
 

通勤に便利なアパートとはどんなものでしょうか?
通勤時間を考えるとなるべく近く、と考えがちですが果たしてそうでしょうか?
会社が近ければプライベートな時間に同僚や上司と鉢合わせする可能性も否めません。
そこでここでは職場とアパートとの適切な距離やアパート周辺にあると便利なものまで、自由な暮らしに必要とされるポイントを押さえていきます。
ぜひ参考にしてください!

 

★通勤に適した距離は?

私鉄沿線、JR沿線、地下鉄沿線どれでも5駅ほど離れているのがベストといわれています。
近すぎる場合、プライベートとの境があやふやになる、飲み会に最後まで参加させられる、「終電が!」と残業から抜けられなくなるといったマイナスな意見が多くみられます。
また、あまり離れすぎると帰宅難民になってしまうという恐れもあります。
5駅ほどであれば十分帰宅可能ですし、会社の人とばったりということも少なく、通勤時間も短くて済む程よい距離といえるでしょう。

 

★職業別では?

工場や工務店などの体を使う仕事の場合は、通勤時間も体力のロスにつながると考えなるべく近い場所を選択することをおすすめします。
しかし、社長やプログラマーなどはプライベートとの切り替えがしにくくなることも多く、近いからつい残業や休日出勤になんてことにもつながる傾向があります。
このような傾向がある方は通勤時間を30分程度取るといいでしょう。

 

★アパートの周辺に欲しい設備

疲れて駅についたら長時間歩くのは嫌な人も多く、駅近物件は人気があります。
しかし、駅近物件は家賃が割高な傾向が強く、徒歩5分と15分では同じ条件の物件でも5,000円ほど差がでる場合もあります。
検討する際には総合的な判断が必要といえます。
また、近隣にほしい設備としてコンビニやスーパーが挙げられますが、便利度が高いのはやはりコインランドリーでしょう。
室内に関しては、最近では部屋にインターネットやWiFi が設置されているのも珍しくなくなりました。
家賃に組み込まれているお得な物件もありますので探してみるのもおすすめです。

 

★スタイルに合わせて

働き方や生活スタイルに応じて通勤の距離を決めることをおすすめします。
仕事のオン・オフをきっちりと分けることも、仕事の質を上げるためには必要ですね。